医療対話推進者は、医療事故が発生した場合、あるいは、医療事故を疑って申し出を受けた場合には、管理者からの指示を受け、医療安全管理者等と連携して患者家族及び事故関係者の支援にあたることが求められています。
NPO法人架け橋では、医療事故調査制度を踏まえ、院内でどのような作業が必要となり、医療安全管理者と医療対話推進者がどのように連携し役割分担していくかを考え、医療現場で実践していくためのシミュレーション研修を企画しました。
多くの担当者さま、関係者さまのご参加をお待ちしております。

≪医療対話推進者研修(医療事故対応コース)≫

日 時:平成28年10月22日(日)9時00分~16時30分(受付8時45分~)

場 所:全水道会館(水道橋駅から徒歩2分程度 )

定員:40名

参加費:10,000円(資料代含む) 正会員 9,500円
※10/21・22の2日間参加する場合、受講料が割引になります。
両日参加受講料は、13,000円(正会員12,000円)になります。

対象:医療対話推進者、医療安全管理者、患者サポート体制や医療安全業務に携わっている人、またはその予定がある人

※修了した方には、修了書をお渡しします。

<申し込み方法 >(当NPOの正会員の方はその旨を明記して下さい)
←こちらの申込みフォームもしくはFAX 03-6884-0121に、所属、氏名、連絡先を明記の上、お申し込みください 。

pdf←10月22日の案内チラシはこちらから